読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

功殻機動隊 新劇場版「未来は自分で創れ!」は刺さる

f:id:jyukkun:20160110084513j:plain

功殻機動隊 新劇場版を観ました。

ファイアースターターの謎、クルツの正体、ARISEから始まった謎がようやく完結。

全てが一つの線に繋がるストーリー。ホント楽しかった。去年、劇場で観ておけばよかったなと後悔。

 

攻殻機動隊はストーリー含めあらゆる面においてデザインが素晴らしいと思いました。OPのデザイン、近未来感、映像、キャラ非常に優れた作品。

 

一昨年からようやく攻殻機動隊を観てハマり、タイミングが遅いですが、リアルタイムで観ていた方々が羨ましいなと思います。そう近くない将来というか、今まさにこういう状況だなと感じた。

 

素子の頭の切れっぷりはハンパじゃない。こういう上司を持ちたいものです。あとチームとしてこういうメンツが欲しい。

 

クルツと素子は考え方は似ているが向かう先が違った。

素子は自ら道を切り開いて未来を創る。

クルツは先頭になりながら後の者にも未来を与える。

 

クルツの場合は自分で考えなくても未来は待っている。昔の終身雇用のようなイメージで観ていました。攻殻機動隊の用語はあまり理解していないので合っていないかもしれませんが、どちらも先を見据えていたのは確か。

 

素子が軍で実験体扱いなのに、クルツの正体を知ると自由だったのは素子の方。

素子の逆境にも負けないメンタリティ。女性はすごい。日常的にパワハラといっても過言ではない言葉を浴びせられても鬱にならないのは尊敬に値します。

 

物語の真相が解けて、素子が子供たちにいうセリフが秀逸でした。

「未来は自分で創れ!」。現実社会も昔からそうだし、今もそう。

自分で考えて行動しないと未来は創れない。

 

素子のセリフは厳しいけれど、1人1人が生きていくには必要な事であり、厳しく見えるが個人的は優しいセリフだと感じました。

 

ラストはおなじみ素子のあの方法で終わる。シリーズ通してぶれないのも流石。

デザイン面がしっかりしているアニメなのがよくわかります。

 

以上、攻殻機動隊 新劇場版の感想でした。

 

※漫画の攻殻機動隊 ARISEもおすすめ。バトー視点の話。これもこれで面白い。ARISEシリーズの補足にもなるからシリーズが好きな方は読んで損はないかと。

 

 

 

 

 

攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男Sleepless Eye~(6) (KCデラックス ヤングマガジン)

攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男Sleepless Eye~(6) (KCデラックス ヤングマガジン)

 
攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男Sleepless Eye~(5) (KCデラックス ヤングマガジン)

攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男Sleepless Eye~(5) (KCデラックス ヤングマガジン)

 
攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男Sleepless Eye~(4) (KCデラックス ヤングマガジン)

攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男Sleepless Eye~(4) (KCデラックス ヤングマガジン)

 
攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男Sleepless Eye~(2) (KCデラックス ヤングマガジン)

攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男Sleepless Eye~(2) (KCデラックス ヤングマガジン)

 
攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男Sleepless Eye~(3) (KCデラックス ヤングマガジン)

攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男Sleepless Eye~(3) (KCデラックス ヤングマガジン)

 
攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男Sleepless Eye~(1) (KCデラックス ヤングマガジン)

攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男Sleepless Eye~(1) (KCデラックス ヤングマガジン)