読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFE LINE2をクリアしました。

「LIFE LINE」の続編、「LIFE LINE2」をプレイしました。
f:id:jyukkun:20160212100245p:image
 
前作をプレイした方も多く、アプリランキングでかなり高ランクだったゲーム。
一度はバッドエンドになりましたが、無事ストーリーを完結。
 
前作はSFでしたが、今作は現代をベースにしたファンタジーテイスト。
ファンタジーが苦手でしたが、今作も楽しみながらプレイできました。
続編の「サイレントナイト」をプレイしたせいか、かなりゲームが長く感じました。
 
今作では、「魔法」が使える女性アリカとの交信。
とりあえず一通りの流れを書いていければと思います。
f:id:jyukkun:20160212100123p:image
 
不意な通信としてゲームはスタート。
主人公は別の人間と勘違いして交信してくる模様。
ゲームのテクスチャもファンタジー的な要素。
 
フォントだけテイストに合ってないのは仕方なし。
 
 
f:id:jyukkun:20160212100115p:image
主人公はどうやら弟と交信をしたかった模様。
残念だが、私はアラサー男性だ。
残念そうに全財産をつぎ込んだ物と魔法にイチャモンつける主人公。
今作もどうやら、大分皮肉めいたキャラが主人公らしい。
製作者は大分皮肉が好きなようだ。
 
 
 
f:id:jyukkun:20160212100100p:image
とふしぶしに思いながらゲームを進めていくと、どうやら主人公は何かしでかそうとして交信をしてきた模様。
進めていく度に詳細の全貌が把握できる。
f:id:jyukkun:20160212100054p:image
 
長々と皮肉を聞かされようやく自己紹介。
今作では自分の名前も呼ばれるようにできる。
アリカから名前を聞かれる時に、自分の名前を書き込みます。
 
一通り話終えると、どうやらアリカは家族の復讐のため、とあることを実行しようとする。そのため、必要なものを揃えるように協力していくようだ。
 
f:id:jyukkun:20160212100047p:image
 
アリカと一緒に必要なものを揃えるため、交信していきますが、
アリカの場所から離れている所にある為、交通手段を聞かれる。
交信する場合、前作同様2択で選んでいきますが、徒歩か車、アリカはテレポートの魔法が使えるので、魔法で行くかの選択があります。
 
魔法は犠牲が伴うということで車を選択。
アリカは皮肉まじりに有名ゲームを持ち合って話を進めてくる。
 
最初はめんどくせーと思ったので、テレポートを選択した。
f:id:jyukkun:20160212100028p:image
 
 
どうやらテレポートは大分キツイよう。こちらも選択を迫ってくる場合は、揺るぎない返事をした方がいいようだ。
 
 
最初の目的地について無事攻略。前作で慣れたせいか、何となくこの選択がいいような気がすると思ったら無事生き延びられた。要所要所で音楽も変わるところが今作は素晴らしいと思います。
 
 f:id:jyukkun:20160212102825p:image
 

 ゲームを進めていくと、作者は本当に日本が好きなんだなぁと思える箇所をスクショ。

普通、猪木なんて知らないだろ…。

ホントは日本人じゃないのかと思えるシーンが結構あります。

 そして、次の目的地まで、結局テレポートを選びました。

f:id:jyukkun:20160212100019p:image

 

アメリカンジョークも交えたよくわからないセリフもありつつ、こちらの目的も無事クリア。勝負が日本風だったので、本当に日本が好きなんだね。

しかも、それ俺が決めるの?とも思いました。

 

f:id:jyukkun:20160212100020p:image

 最後の所は徒歩にした。またもや日本のアニメの主題歌や日本人の話。

アリカは日本について詳しすぎるだろ。しかも古い。

復讐するために生きてきたというけれど、なんでそんなに日本のカルチャーを知ってんだコイツは。

 

と時間がたってようやく目的地に。ここが一番難所でした。

時間がかかる上に、的確に選択しなければならない所。

皮肉と日本大好きなのは置いといて、緩急つけたゲームバランスがいい。

f:id:jyukkun:20160212095940p:image

f:id:jyukkun:20160212095931p:image

なんかわけわからない事がおきて無事攻略。

 

ようやく、必要なものを揃えて、目的地へ。

目的地に着くと、アリカが内容を話してくる。

ここでようやく復讐する者たちのことを教えてくれます。

個人的には「マジかよ」と思いました。全くゲームには関係ないけど。

 

復讐実行。意外とあっさりクリア。

辛い日々を耐えに耐えたアリカから感謝の言葉。

f:id:jyukkun:20160212100130p:image

 

「幸運よ、敵に背を向けろ!」しかと胸に刻みました。アリカのツンデレぷりには多少参ったけれど。

ようやく出会いたかった弟と再会。少し切ないエンディング。

もう少しハッピーエンドを期待したが、製作者はそういうのは嫌いなのかもしれない。

f:id:jyukkun:20160212100213p:image

f:id:jyukkun:20160212100139p:image

 

 多分これがハッピーエンド?だと思いますが、ストーリーは良かったです。

意外性もあり、前作より洗練された感じもあって良かったです。

 

前作未プレイでも楽しめる内容だった。知っていても知らなくてもいいゲームだからどこからプレイしても楽しめると思います。

時間を気にせずできるゲームなのでおすすめです。

 

ではまた。

 

Lifeline 2

Lifeline 2

  • 3 Minute Games, LLC
  • ゲーム
  • ¥240

 

Lifeline...

Lifeline...

  • 3 Minute Games, LLC
  • ゲーム
  • ¥120
Lifeline:サイレント・ナイト

Lifeline:サイレント・ナイト

  • 3 Minute Games, LLC
  • ゲーム
  • ¥120