読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダンジョン飯、あぁダンジョン飯

久々の更新。

最近はもっぱら漫画を読み漁るという日々を過ごしてました。

漫画も殆ど読まなくなって昨今。

最近の漫画ってどうなんだろ?と思いレンタルで借りて読んでみました。

話題作やらお店のおすすめされたものなどを読んでいました。

基本ネタ不足もあり書くネタを探していたのもあります。

 

そんな中、個人的にハマったのが久井諒子さんのダンジョン飯

TVで紹介もされていましたが、その時はスルー。

読んでみたら、2度、3度読み返すくらいハマってしまいましたw

f:id:jyukkun:20160515120706j:plain

 

あらすじは迷宮内のドラゴンとの闘いで主人公ライオスがドラゴンに襲われそうになる所を妹がかばって迷宮内から離脱する所から。

ドラゴンからの危機から回避できたものの、お金、仲間を失い、時間内に妹を救わなければならない。

そんな所から残った仲間と共にダンジョン内で自給自足が始まる。

f:id:jyukkun:20160515120636j:plain

仲間が魔物を食べることに抵抗しつつも受け入れてく描写が面白いです。エルフのマルシルが特に面白いw そしてかわいい。

 

魔物を食べながらダンジョンに進むというテーマがありそうで無かったのが新鮮。

読みながら、風来のシレントルネコの不思議なダンジョンのようなゲームを思い出す。空腹と持ち物の制限を気にしながら下の階層に進む所に既視感を感じました。

ライオス達と行動を共にするセンシが魔物を調理する料理が美味しそう。

魔物の構造を的確に捉えて調理される話が面白い。

魔物の対処の仕方、そのあとの料理。無駄がない。

ロールプレイングで最強の職業は料理人なのではないかと思うくらい。

 

また、この漫画の面白い所は有名な小説家の一説を作品に散りばめたりして、作品のシュールでコミカルな部分を引き立ててくれてりしてます。

 

マルシルの髪型が毎回変わるのも細かいなぁ~。唯一の女性キャラなのかその辺りも気を付けているのが素晴らしいと思います。

 

ダンジョン飯をキッカケにこの作者のファンになりました。短編集も購入しましたが、RPGに対する視点や想像がすごい所です。魔王を倒した後の話を考察してる話が切ない...。

 

まだ2巻しか発売されていませんが、話題になった理由が読んでよくわかりました。十分楽しめる内容。3巻が待ち遠しいです。

 

 

ひきだしにテラリウム

ひきだしにテラリウム

 
九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (ビームコミックス)

九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (ビームコミックス)

 
竜の学校は山の上 九井諒子作品集

竜の学校は山の上 九井諒子作品集