読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高木正勝さん「山咲み」@福生

高木正勝さんの「山咲み」を観に福生まで行ってきました。

福生は初めて。降り立ってみると地方のような風景。都心から外れると意外に田舎と変わらないんですね。

 

f:id:jyukkun:20160530212434j:plain


高木正勝 コンサート '山咲み' / Takagi Masakatsu Concert 'Yama Emi'

山咲みは昨年の9月に行われたコンサート。前回も観に行って2回目です。

席は前回よりステージから近く、かなりいい席で鑑賞させて頂きました。

前回と曲構成は編成は同じですが、やはりその都度、曲の感じが変わるのがバンド編成の見所でした。

 

 コンサートの感想は、おおはる・ぴあの時は少しドキッてなりましたが、高木正勝さんも楽しそうに弾いていて、観ている側の私も楽しかった。純粋に楽しむ姿は観てる人にとっても伝染する。高木さんの音楽に惹かれる理由はこういう所なんですよね。

 

MC中の高木さんのトークもグダる感じも失礼かもしれませんが、そこもいい所で楽しんでいます。

近所でお話してるかのように話されるので。

 

印象に残ったMCは、MC中に高木さんの住んでる村に伝わる民謡の話もありまして、

歌の意味や語源について部分。途中でその民謡の曲を演奏し、観客も歌うこととなり、演者が曲を弾きながら一緒にやるという。高木さんのコンサートはアドリブなのかわかりませんが、こういう所がまたいい。

 

Girlsになった時、ご本人はリハでも弾いてなく、2週間ぐらい弾いてないとのこと。「どうなるかわかりませんが、ちょっと弾く準備を」と仰っていましたが流石定番曲。

 

 

全体を通して、やはり印象的なのはアンコールでした。一度終わり、アンコールに応えてましたが、最後でご本人が納得していなかったようで、結果的にアンコール6曲。観ている側としては嬉しいハプニングだったと思います。

 

音の感じが掴めない(聴こえない?)的な事を仰っていたので、拍手喝さいの中お一人ステージからはけるか、はけないかで悩んでいたのはそれが理由だったようで。

そういえば途中で高木さんが「音上げてください」と一言いう時があったのは音が聴こえなかったからなのかな。

 

今回のコンサートは前回より厚みがあったのと、高木さんや演者の皆さまをみていて色んな感情が良い意味で沸いた一日でした。自分の気持ちをどこか遠くにしまったものを思い出せてくれた気がします。

 

終わってみれば3時間に及んだコンサート。行って良かったと心底思えた一日。

福生のコンサートが非常に満足したので、富山が今週末にあるので行きたいですが、

映像化・音源化を期待して待つようにします。

 

では、また。

かがやき

かがやき

 
おむすひ

おむすひ

 
劇場公開映画「おおかみこどもの雨と雪」オリジナル・サウンドトラック

劇場公開映画「おおかみこどもの雨と雪」オリジナル・サウンドトラック

 
Private/Public

Private/Public

 

 

はなみち - Single

はなみち - Single