読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ・ハロウは現代版ホラーだった…

 最近あの手この手のパッケージで借りなきゃよかったと思うこの頃。

久々に映画の話です。

ザ・ハロウを観ました。絶賛的なタイトルを観るとついつい借りてしまう。

f:id:jyukkun:20161018183717j:plain

www.youtube.com

 

さて内容はというと、引越ししてきた家族の夫は樹木医。森に入っては木の状態を観ていましたが、近隣の住人に忠告されながらも続けていた。

そんな日々を続けると家や周囲に異変。さー大変。家から逃げるが謎の生物に追いかけられる。どうやら、謎の生物は寄生虫に侵された生物「ハロウ」

なんかバイオハザード的な内容だな。と思うのです。閉鎖された町のしきたりやおびえる住民。内容的な科学的な形でハロウという生物がいる。

 

しまいには、夫も感染してしまうのですが、これがファンタジー。

侵されても尚、自我を保つ。そこでハロウの親玉もでかい鎌で倒すのだからホラーなのかファンタジーなのかわからない。

 

最後は妻と子どもが助かるわけですが、命からがら家から脱出して、まさかのスタート地点に戻るという謎の展開にびっくりしました。

 

意味のあるシーンなのかもしれないが、終始みていただけにここに戻るのはどうかと。

ザ・ハロウに関しては怖さはありません。もう最初にネタバレみたい事をするので、

謎の生物が何なのか?なぜ異様な物体に変わったのかというのも前半でわかる為、その点、現代っぽい感じだなと私は思いました。

 

 パッケージの作りから、中々面白いのかなと思いきや割とB級映画な要素があった映画でした。

ザ・ハロウ/侵蝕 [DVD]

ザ・ハロウ/侵蝕 [DVD]