採用をご辞退申し上げます。

とある会社からお見送りのご返事をいただきました。

割と条件のいい会社だったので残念です。

ただ、面接で職種のところでお互いかみ合わない所があった。結果的にはよかった気がする。

 

しかし、言わせてほしい。

 

というのも求人の応募ではと…と採用担当から電話で申し上げられた。

だが、こういうのもありますよ。と面接官からお話をいただいた。僕は、面接の際に詳しく聞こうと思ったが、いざ面接が始まると担当者らは職種の内容を私が理解して話をすすめていた。

 

一応、会社からのご厚意であるので、ありがたいお話しだったが、電話口で口頭で簡単に言っておいて、それはないだろ。

 

ところどころで、「あれっ?」っと思うことがあったので聞いたら面接官からは上記のとおり答えた。

 

そもそも、持ちかけておいてそれはないのでは?と思っていた。

面接官は二人。一人からやたら質問攻め。細かい性格の人なのか、事あるごとにそれは君の事?とやたら突っ込んできた。君が悪いんじゃない?、そんなこともわからないの?と自分の発言にやたらしつこく答えていく。自分の話し方もヘタなのもあるから仕方ないけど、笑顔で「そうです。」「そこはこういうことです。」とさらに説明。

 

もう1人はただただ無言に聞いていた。

時々、質問されたがこちらの方の方が理路整然としていて、こちらの方と話したかった。

 

1時間半以上、1人からの詰問に近い面接だった。

それで、この結果。色々聞いて僕という人間を知りたいと面接官は仰っていた。

とても感じには思えなかったが。

自分から話聞かないとまずいな...と思って仕事内容や話を聞けば、面接官も適当な感じが伝わった。

僕も弱冠イラッとしたけど、終始聞いては答えるように努めた。

 しかし、別枠の仕事を勧めてきたのにかかわらず業務内容を事前に話さないのもどうかと思う。しまいには「経験ないよね?」と。履歴書みればわかると思うんですが…。

 

面接後、後日の結果が、慎重に考慮した結果、採用をご辞退申し上げますとお見送りの手紙。向こうから持ち掛けられたからこの書き方なんだろうか。はじめてのフレーズ聞いたフレーズだったので、ちょっと書いてみた。

 

色んな会社と人間がいるな。と思えた出来事でした。

 

 

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

 
ブラック企業・セクハラ・パワハラ対策 (労働法実務解説10)

ブラック企業・セクハラ・パワハラ対策 (労働法実務解説10)

 
ブラック企業経営者の本音 (SPA!BOOKS新書)

ブラック企業経営者の本音 (SPA!BOOKS新書)

 

 

ホワイト企業 サービス業化する日本の人材育成戦略 (PHP新書)
 
指標とランキングでわかる! 本当のホワイト企業の見つけ方

指標とランキングでわかる! 本当のホワイト企業の見つけ方

 
ホワイト企業

ホワイト企業