ブラック企業の副産物

こんにちは。

ブラック企業に勤めた方のSNSが本になるほど話題になりましたが、私も務めた経験があるのでブラック企業について触れてみようと思います。

 

結論から言うとブラック企業に勤めてもいい事はありません。私はブラック企業に勤めて体調が悪くなり、変な癖もついて自信もなくなりました。強靭な精神力をもっていないとブラック企業に勤めてはいけないと私も感じています。

ですので、ブラックと感じたら、すぐに辞める選択もアリかなと思います。

 

私の経験談だと地方の広告代理店がそうでした。地域では割と有名な方でした。私の担当はデザインがメイン。内勤の仕事をしていました。

デザインは向いているなとは思っていましたが、入社したところが最悪でした。

 

まず、代理店なのにデザインの参考となるものがない。営業の無茶なスケジュール、パワハラモラハラ、賃金の異常な低さがありました。

 

一番の原因は上司が根源で、無茶な要望も全てイエスと言ってしまう方で大変でした。

うまく折衝してくれれば何とかなったのですが、性格も悪く、上にはペコペコしていた人間だったので下は大変でした。

そんな中で向いてるから頑張ろうと思ってしまったのが運の尽き。昇進や昇給もない、ボーナスもない。けど、仕事は多い。

 

そんな中で仕事していたらメンタルがやばかった。私がブラック企業に勤めてから辞めるまで。モチベーションが下がり続けていきました。

 

そんな状況で仕事をしていたため、体にも変化が起きてしまった。

・胃腸が悪くなる。

・噛み癖がついた。

・手、首が震える。

 

劣悪な環境で仕事をしていため、メンタル的な所から徐々にやられてしまった。

仕事は辞めましたが、辞めてから日中寝込む日々が続き、転職するまで大分時間がかかりました。転職していない時間もメンタルも悪かったです。

 

転職が決まった後も、その会社でやっていけるかも常に不安になり、悪い所はないかとアラ探ししてしまうように。

 

やりたい仕事でも、搾取される日々が続くと体や思考がおかしくなる。

過度な無理は身体に悪影響しか生まない。身体に変化が起きたら、仕事を続けるか考える方がいいと思います。

 

今回は少しだけ自分の体験談を書いてみました。

場所と環境で続けられないのもあるのかなと書いてみて思いました。

 

それでは、また。

 

 

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

 
ブラック企業・セクハラ・パワハラ対策 (労働法実務解説10)

ブラック企業・セクハラ・パワハラ対策 (労働法実務解説10)

 
ブラック企業経営者の本音 (扶桑社新書)

ブラック企業経営者の本音 (扶桑社新書)